台風接近による最新情報!

ヒカリノミ・コンサートの開催情報について

ヒカリノミ・コンサートは、本日の午後5時の時点で総社市に何も警報が出ていない場合、会場を総社市民会館に変更して開催します。

ただし、参加される方々の安全を確保するため、午後5時の時点で、総社市に警報が1つでも出ている場合は中止します。

当日券の販売はありません。

ヒカリノミ・コンサート
時間
15:30~ 整理券の配布
16:00~ 整列  整理番号順に入場(状況により時間は変わる)
※整理券を持っている人が優先で入場し、その後、手ぬぐいのみを持っている人も入場できます
17:30~ 開演(20:10頃終演予定)

会場 総社市民会館
駐車場 総社市役所、川崎公園東駐車場、総社南幼稚園南駐車場、総社市スポーツセンター、山手小学校、山手公民館、ふれあいセンター山手
シャトルバス 総社駅→市役所→国分寺北駐車場→市役所→総社駅
山手小学校→市役所→山手小学校

16日(土)開場 16:30 開演 17:30

ヒカリノミ・コンサート出演者決定!

相川七瀬・加藤登紀子・中村あゆみ・Lugz&Jera・Permanent Fish
昨年大好評を頂いたヒカリノミ・コンサートの開催が決定。今年も素敵なアーティストが賛同してくれました。

国分寺前に広がる赤い稲穂と素敵な歌声、夜にはライトアップされた国分寺、コンサート会場、赤い稲穂と幻想的な風景が。

「こんな風景みたことない」そんな感動がそこにはあります。

中村あゆみ
中村あゆみAyumi Nakamura
加藤登紀子
加藤登紀子Tokiko Kato
相川七瀬
相川七瀬Nanase Aikawa
Permanent Fish
Permanent Fish
Lugz&Jera
Lugz&Jera

ヒカリノミ・コンサートについて

facebook【総社市観光情報】

facebook
バナーをクリックすると外部サイトへとびます。

当日の開催情報について

雨天でも開催しますが、台風の接近や気象状況等により参加者の安全確保が困難と主催者が判断した場合は、中止とさせていただきます。
その場合は、ホームページ、フェイスブック、テレフォンサービスでお知らせします。
また、返金やコンサート中止の際の払い戻しはいたしませんのでご了承下さい。

テレフォンサービス
【電話番号】 0866-93-4111
当日午前9時から開催有無をご案内します。

問い合わせ:総社市商工観光課観光プロジェクト係 Tel 0866-92-8277
主催:総社観光プロジェクト実行委員会
共催:総社市・総社市教育委員会
講演:総社商工会議所・総社吉備路商工会・総社市観光協会・一般社団法人そうじゃ地食べ公社

手ぬぐいの販売

  • 手ぬぐいは税込1枚1000円(先着限定1000枚は特製赤米染め)
  • コンサート会場への入場は赤米フェスタ2017の手ぬぐいが必要です。
  • コンサートには必ずお持ちください。(紛失による再発行はできません。)
  • 未就学児は手ぬぐいなしで入場できます。
  • 手ぬぐいの売り上げ代金は全て赤米ヒカリノミ基金に寄付されます。
  • 返金やコンサート中止の際の払い戻しはいたしません。

 事前販売

販売場所 販売時間 休所日
総社市役所 玄関 商工観光課(山手出張所内) 中央公民館
午前8時30分~午後5時15分 午前8時30分~午後5時15分 午前8時30分~午後5時15分
土・日・祝 土・日・祝

 郵送販売(代金引換郵便)

電話で商工観光課(0866-92-8277)へ代引きの申し込みをしてください。
代引き手数料を負担していただくようになります。
4枚以上ご希望の場合はお問い合わせください。

枚数 手ぬぐい代 代引き手数料 合計金額
1 1,000円 596円 1,596円
2 2,000円 616円 2,616円
3 3,000円 681円 3,681円
4 4,000円 726円 4,726円

 当日券

平成29年9月16日(土)午後3時から会場で販売します。

国分寺と赤い稲穂のライトアップ(赤い稲穂の夕べ)

2017年9月11日(月)〜9月17日(日) 18:00〜21:00

今年は「観れなかった」との声に応えて、ライトアップが一週間になりました。

赤い稲穂と国分寺。昼間も夕暮れも素敵ですが、秋の夜長に月でも見ながらいかがですか?

夜に浮かび上がる幻想的な風景をお楽しみ下さい。

赤米フェスタとは ?

日本の3カ所に連綿と伝承されている赤米神事があります。長崎県対馬市、鹿児島県南種子町、そして岡山県総社市。
この3つの赤米の伝承文化を守ることができないかと、赤米大使として3市町を繋いだ相川七瀬さん。
相川さんが、少しでもその文化を伝えていく手助けになればという想いで、2013年に備中国分寺前で赤米の田植えのイベントとして始まったイベントが、応援してくれる方々や参加者が増え、田んぼが増え、昨年からは赤米フェスタとしてコンサートが開催されるようになりました。
イベントの収益は赤米ヒカリノミ基金として、3つの市町の赤米神事関連に役立てられます。

赤米田植え

本庄国司神社の赤米神田での田植え
今年は6月12日に本庄国司神社の神田で赤米の田植えが執り行われました。
氏子の方々と新本小学校の5年生と市長、副市長が参加されました。
参加した児童は「田んぼに入ったのは初めてで難しかったけど、上手に植えられたよ。元気に育ってほしい。」お笑顔をみせてくれました。
この体験が伝統を受け継ぐきっかけになればいいなと思います。

備中国分寺前の赤米の田植え
6月24日に国分寺前の赤米の田植えのイベントが今年も行われました。
今年は参加者が100人を超えて賑やかでした。親子で参加されたことも多く
また、大人の方でも「実は初めて田植えをします」という方もいらっしゃいました。
この苗が、赤米フェスタの会場を彩ってくれます。

NOTICE

当日は多くの来場者が想定されます。
歩道に三脚などの機器を設置してのカメラ撮影はご遠虜ください。
※三脚を設置してのカメラ撮影は指定の場所内でお願いいたします。

■コンサートステージの撮影は一切禁止となっており撮影等を発見した場合、警備員による注意の上ご退場となる場合がありますのでご注意下さい

■収穫前の大切な時期ですので、田んぼへは立ち入らないようお願い致します。

■ゴミは各自でお持ち帰り下さいますようご協力お願い致します。

■お手洗いは少し離れておりますが五重塔の奥、国分寺の東側道路沿い、もてなしの館の3箇所にございます。